エビのから揚げ

から揚げにされたえびの雑記ブログ

社会人になってなぜかゲームができなくなった

学生の頃は徹夜してまでゲームをやっていたのに…

 

今は全然やる気が起きない!!

 

いや~中学の時とか親にゲーム取り上げられたら泣き叫んでいたのになぁ(笑)

 

たまにやりたくなって、ポケモンとかPS3とかスマホのゲームを

やるんですが…

一日でもういいやってなります。

 

一体どうしてでしょう?

理由を考えてみました。

 

時間の無駄に感じるから?

たまーに無性にゲームをやりたくなる時はあるんですよ!

なのでスマホのゲームをやってみたり、昔はまってたやりかけのゲームを時間を気にすることなくやるのですが…

夕方になって部屋が暗くなるにつれて

「なんか一日無駄にしてしまった気がする…」

と思ってしまうのです。

だからと言って他にやるべきことも、やりたいこともないんですけど(笑)

けどなんかゲームをやって一日が終わるというのは不健康というか、ダメな感じがするんですよね~

さらにゲームのキャラが強くなっても自分は特に何もないというか、データが消えたらそれまでというのも何となくむなしい感じがするのです。

体力が持たないから?

ゲームやるのって意外と体力とか集中力がいるんじゃないかと思うんです。

昔は普通にやってましたが・・・今10時間ぐらいやると目が痛いわ、肩が凝るわ、首は痛いわ…

やってられん(笑)

あと段々集中力が切れてくるのか他のことをしたくなるんですよね。

 

現実的になってしまったから?

昔はゲームのキャラとかが好きになって、そのキャラを使ったりするだけでテンションが上がりました。

しかし…彼氏ができてからどのキャラも彼氏に敵わないので!(笑)さっぱり興味がなくなってしまったんですね~

さらにストーリーとかもすごく薄っぺらいものに思えて「あ~はい。はい。」と思ってしまい楽しめず…

さらに社会人になって色々な所に行くようになってから、昔はとても広く感じていたゲームの中の世界はこんなに狭くて小さいものだったのかと思うようになり…

現実にはかなわなくなってしまったんです。

 

友達がゲームをやらなくなってしまったから?

意外とでかい要素かもしれません。

社会人になってみんなゲームをやらなくなってしまいました。

一人でやってもみんなと共有できないと楽しくない…

そんなものかもしれません。

 

今では友達が来た時にたまにやるぐらいですが、それでもカードゲームやボードゲームをやる方が多くなってきました。

なんででしょうね?

けど、無理してやる必要もないのでいいかなとは思います。

大人になってもゲームを楽しめる人って純粋なんじゃないかなとも思ったり…。

 

ゲームが楽しめたら買い物に行くとかよりも断然お金かからない時間つぶしになるんですけどね(泣)

なんとなく少し残念です。

 

被害者の気持ちになるのは簡単じゃない

ニュースでよく

「被害者の気持ちをよく考えろ」

という言葉を目にする。

 

もっともだ。と思う。

けど、多分それは無理だ。

とも思う。

 

被害者の気持ちは多分自分同じ様なに被害にあわないと、とてもじゃないけど分からない。と、思う。

 

今生きている結構な割合の人が事故で家族を失くしたとか、殺人事件に巻き込まれて家族を失くしたとか、テロで家族を失くしたという事は無いだろう。

それをニュースで見て自分の事のように感じろという方が難しい気がする。

 

小学校の頃、同級生の子の家が火事にあった。大変そうだなとは思ったけど、その子の辛さまではとてもじゃないけど想像出来なかった。

同じ学校に通っててもこうなのに、テレビの中の会ったことも無い人の気持ちを考えろと言う方が無理かもしれないとも思う。

 

話が飛躍しすぎかもしれないが、

世界のどこかで毎日、毎秒、交通事故や事件や病気、戦争で死ぬ人がいる。

 

その人達の気持ちをいつも考えてたら、辛すぎて生きていられない。

ある程度自分は自分の世界、他人は他人の世界と分けた方が良いのではないか。

そんな風に思った。

 

まぁそんな事言っておいて

熊本で地震が起こった時、彼氏と京都旅行行ってて

「熊本はあんなに大変な事になってるのに、京都で酒飲んでて良いんだろうか?」

と言った彼氏に対して

「んな事言ったら世界のどこかで戦争起こってるのに酒飲んでて良いんだろうかと、毎日思わないといけない事になるよ」

と言った事を後悔してるんだけど。

 

何が正しいかなんて分かりません。

 

何が言いたいかよく分からなくなってきた。

 

けど、何となくニュースやバラエティ番組で

「相手の気持ちをもっと考えろよ」って言葉聞くと嫌な感じがする。

相手の気持ちを考えて考えて最後には何を話したら良いか分からなくなる。

被害者の方にとっては逆にそっちの方が良いのかもしれないけど。

 

ニュースや世間や親や先生が言ってる「相手の気持ちを考えて」行動してたら、段々何でも考えの基準が他人になって、いつもこんな事言って良いかと不安になって、生き辛くなる…そして心優しい人が耐えきれなくなるんじゃないかな。

なんて思ったりもする。

 

難しいですね。

 

とりあえず連日心を重くするようなニュースが続いてる気がしますが、被害にあった方や家族の方、はたまた加害者側になってしまった方の気持ちを私はニュースを見ただけでは想像出来ないと言う事だけは確かです。

 

ちょっと気になるNLP~思い通りにいかない自分を変える技術~

最近こんな本を読みました。

 

 

日ごろから悩みは尽きないタイプなのですが、

「なんか考え方を変えたら気分がすっきりしたぞ」

とか

「何もやる気起きなかったけど部屋掃除したら何故かやる気が出てきた」

とか…

 

そんな事があってから「日ごろからやっている行動や、考え方を変えたら感情も変わるんじゃないか」という事を考え始めました。

 

そんな時に図書館でたまたま見かけたこの本。

まさに「日ごろからやっている行動や考え方を変えたら何かが変わる!」という本でした!

 

この本では

  • 嫌な気持ちを引きずってしまう
  • ダラダラと仕事をしてしまう
  • 何かとストレスでいっぱい
  • 掃除をする気が起きない
  • つい無駄遣いしてしまう
  • ネットの時間を減らせない

など、「あるある~」という悩みの事例をもとに解説していってくれます。

あ~掃除やる気おきねぇ~って時に手にとれるようにしておくと効果あるかな!?(笑)

 

私的に役にたつかも!と思ったのは「ついメールを出し忘れてしまう」という項目です。これはうっかり忘れちゃった!というパターンではないです。

メールを出そうと思った時に、すぐに出せば、そのあと出し忘れることもありません。

(中略)

メールを出すことを思いついてから、メールを出すのをやめるという結果になるまでの短い間にもプロセスがあります。

多くの場合は無意識ですが、たとえば、次のようなものです。

メールを出すことを思いつく

→メールの文章を考える

→面倒くさいと感じる

→「またあとでいいや」と思う

→メールを出すことをやめる

 

これ自分の事やぁあああああああああ!!!(笑)

私の場合はもっと被害妄想的で

 

メールを出すことを思いつく

→メールの文章を考える

→こんなこと書いたらまずいかなと考える

→メールじゃなくて電話にしろよと言われないか考える

→文章変じゃないかと悩む

→色々めんどくさいと感じる

→メールを出すことをやめる

 

というパターン…。

頑張ってメールを出したとしても

「こんなこと書いたら…」とか「文章変じゃないか…」とか

悩んでいると時間だけが空しく過ぎていきます。

 

この本では「プロセスを変えてみることで結果を変える」という方法を紹介しています。

メールを出すことを思いつく

→メールの相手が喜んでいる顔を思い浮かべる

→メールの相手からの「ありがとう」という言葉を思い浮かべる

→うれしいと感じる

→メールを書き始める

もちろんこれは例なので、自分なりにアレンジしてもいいと思います。

私なら「ありがとう」を期待して「ありがとう」が無かった時悲しいので(笑)

 

けど、メールを出すという事だけでも無意識に色々なことを考えているのが分かりました。

そして、その考えは何の確証もないことも!

その考え方は変えられることも!

 

そんな風に実際に役立つ方法が書いてある本なので、自分的に結構よかったです!

ウィキペディアNLPと調べたら酷評だったのでちょっとびっくりしましたが(笑)

自分の感覚から行けば中々良いと思います!

 

興味があればぜひ読んでみてください(^^)/

 

 

 

ブログの記事が100突破しました

気づいたら…

ブログの記事が100突破してた!!|д゚)

あまり物事を続けるのが得意でないし、前にも書いたように少しでも気に食わないところがあると消してしまいたくなる自分だけど…

 

まあ頑張ったんじゃなかろうか!?(笑)

くだらないこと書いたり、感情的に書いてたりすることもあるけど…

(そして反省してこっそり消した記事もあるけど…)

 

人間なんてそんなものよ。

考えが変わらない人間なんていないのさ。

だいだい3日前の自分の感情すら思い出せない生き物なんやし。

 

しかもありがたいことにアクセス数も1200までいきました。

もちろん一日とかではなく、この10か月の合計(笑)

けどこんなに好き勝手書いてるのに多くの方に見てもらえるのは、やっぱりうれしいです。

自分も色々検索しててはてなブログの記事を見つけるとなるべくスターをつけるようにしています。

やっぱり誰かが見てくれていると思うとうれしいですよね(^^)/

 

そんな訳でこれからも頑張ります!

漬物好きにはたまらない!山上茶寮漬物バイキング!

f:id:ebi-nida:20190602090904j:plain

漬物。好きですか?

 

私は大好きです!(^^)/

 

ご飯と漬物があれば、もう幸せ…!

そんな時…滋賀県彦根市に漬物バイキングがあるのを発見!|д゚)

 

|д゚)天国か?

 

さっそく行ってみました!

 

f:id:ebi-nida:20190602091032j:plain

彦根城前の通りにある

山上(やまじょう)さん!(やまかみさんかと思ってたわw)

一階は漬物を販売しており、二階が漬物バイキング会場となっています。

私が行ったときは13時近くでしたが5人待ちでした。

f:id:ebi-nida:20190602090744j:plain

バイキングはご飯が食べられるものと、漬物とデザートだけの二種類。

もちろん茶寮バイキングじゃ!!

 

f:id:ebi-nida:20190602090746j:plain

食べ方も丁寧に書いてあります!(^^)/

 

f:id:ebi-nida:20190602090804j:plain

ご飯や漬物を取る皿が出てきたらいざ!

バイキング開始!!

 

f:id:ebi-nida:20190602090816j:plain

まずは近江茶なるものをいただく。

f:id:ebi-nida:20190602090821j:plain

お湯を注ぐとほうじ茶のいい香りが!!

幸せ!!

そしてバイキングコーナーから漬物を取ってくる!

全種類乗せた様子がこちら!

f:id:ebi-nida:20190602090904j:plain

野菜だけではなく、卵やチーズ、こんにゃくもあります!

し、幸せ!

f:id:ebi-nida:20190602090841j:plain

お次は味噌汁。

中に漬物と味噌をいれます。

 

f:id:ebi-nida:20190602090850j:plain

お湯を注ぐ…あれ?ひらかへん。

f:id:ebi-nida:20190602090857j:plain

おりゃ!とつっついたらこんな感じ!

f:id:ebi-nida:20190602090918j:plain

ご飯をよそってきて、準備完了!!

いただきま~す!!

あ~!天国やぁ~!

f:id:ebi-nida:20190602091107j:plain

ご飯だけでなく、おかゆもあります!

f:id:ebi-nida:20190602091047j:plain

お茶漬けもできます!何杯ご飯食わすねん!(笑)

f:id:ebi-nida:20190602090936j:plain

ちなみに私のお勧めはチーズの漬物。おいしいよほんと!

デザートも楽しめます!

f:id:ebi-nida:20190602090926j:plain

チーズのはちみつ漬け、ゆず餡、抹茶餡等をクラッカーや最中に挟んで!

このチーズのはちみつ漬けもおいしい~~!!

 

f:id:ebi-nida:20190602090953j:plain

ゆず餡をお湯で溶いてゆず茶というのもいいです!

さらに

f:id:ebi-nida:20190602090949j:plain

甘酒もあります!

甘酒は普通に飲むと味がないやん…と感じるのですが…

f:id:ebi-nida:20190602091059j:plain

このように漬物と飲むと…

甘くなる!!!

何これすげ~!!魔法!?!?(笑)

 

そんな訳で気持ち悪くなるほど漬物を堪能しました(笑)

漬物好きの方はぜひ行ってみてください!!

www.yamajou.co.jp

兼業が認められるようになってきたら農業やる人増えるのでは?

最近兼業が認められるようになってきましたね。

自分の会社はどうかは知りませんが、今の時代1つの会社に縛られていたら何となくヤバそうというのだけはヒシヒシ感じます。

金もたくさんある訳ではないし。

 

そんな時にふと、思いました。

兼業認められれば農業の人手不足が解消されるのでは?

と。
f:id:ebi-nida:20190525141742j:image

 

最近こんな本を読みました。

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

週2日だけ働いて 農業で1000万円稼ぐ法

 

 

この本の著者は平日は普通に働いていて土日だけ農業をやっているそうです。

本には農業をやる上でのコツが色々書かれています。タイトルは胡散臭いですが、役に立つ事は結構ありそうです。

 

本を読み終わって

土日だけでも農業は可能なんだ。

今思うと、昔よりかなり機械化が進んでいて時間をかけてやらないといけない作業ってのは減っているのかも…

 

そう思うと…

 

兼業で農業やる人が出て来て

最終的には農業の人手不足解消にもなるのでは…?!

と、思ったのです。

 

私も農業には興味ありますが、どうしても農業だけだと危なそうだし、黙々と作業する感じだし、飽きそうとか考えてしまいます(笑)

けど、兼業だったらめちゃめちゃやってみたい!

 

一つの事に専念しなさい!

と、怒られるかもしれませんが、私は一つに専念してその一つが失敗してどうしようもなくなる方が嫌。

 

それに都会一辺倒、会社の歯車として生きるだけよりも、自然の中でも体を動かして、自分の時間を持ってるという方が良い感じがしませんか?(^o^)

 

働き方改革も始まって、自分の時間を取れるようになればもっともっと可能性が広がるんじゃないかと、ワクワクします。

 

楽しく働いて楽しく生きられれば最高ですね(^o^)

何かに縛られて不自由で窮屈な社会

最近ボランティアに参加して思った事があるんです。

そのボランティアでは子どもが子どもらしく、のびのびと活動出来るように見守るというのがコンセプトで、とても良いなと思ったのです。

 

しかし、やっていて逆に

なんで子どもはのびのびと自由に活動するのが良しとされるのに、

大人になるとそれが良しとされないのか?

と思ったのです。

 

そして、結局子ども達に対して自由でのびのびと言っても、その前提に大きな縛りがあったのです。

他の人に迷惑をかけない

という大きな縛りが。

 

そのおかげで普段出さない大声を出して子どもたちに

「道を広がって歩かないで!」

「他の人が通るから道をあけて!」

「他の人がいるから騒がないで静かにして!」

と、注意しまくっていました。

 

 

当たり前だ。

それは最低限のマナーだろう。

 

と、思うかもしれません。

けど、こんな周りの目ばっかり気にして怒り散らす大人を見てて、将来大人になるのが楽しみだと子どもは思うのでしょうか?

 

子どもたちは知らず知らずのうちに自分の中の子どもの欲求を抑圧し、大人がやっているルールを守るようになり、その守らない者は悪であり、怒られる対象であると学ぶ。

そして守らない者に対しては自分も怒って良いと学ぶ。

そうして大人の仲間入りをしていく。

何かそれが非常に悲しい事に見えたのです。

 

大人=ルールに縛られて我慢して生きる事

何でしょうか?

 

ルールに縛られて我慢して生きている人は他の人がルールを破っているとイライラしてきます。

自分は(我慢して)ルールを守っているのになんだアイツは!

という感じです。

 

街を歩けば様々なルールがあります。

・大声で話さない

・電車の中で電話をかけない

・道を広がって歩かない

 

そのルールがある理由は

他人に迷惑をかけない

という曖昧な事も多いです。

 

確かに大声で話している人がいるとイライラする人がいるかもしれない。

電車の中で電話かけていると嫌だと思う人がいるかもしれない。

道を広がって歩いてたら邪魔だとムカつく人がいるかもしれない。

 

けどそんな事いったら何が他人に迷惑で何なら大丈夫か常にビクビクしていないといけなくなるんじゃないか?

そして最終的にはそれに疲れて、

何だか生きづらい。楽しくない。こんな窮屈な人生もうどうでもいいかな。

と、思ってしまう人もいるのではないかと思うのです。

 

というか、それは自分の事なので本当にいるのです。

 

けど海外に行けば普通にみんな大声で話してますし、電車の中で電話しています。

こんなちっぽけなルールで四苦八苦してるのは馬鹿らしい。と思うのです。

 

それでも子どもの頃親に怒られた記憶は消えない。

例えば店で中国人が大声で話していたとすると、別に私は何も気にしなくて良いはずなのに「ここは日本だから静かにして!」とつい言いたくなってしまう。

楽しく観光している彼らが日本人に怒られるんじゃないかと心配してしまう。

まるで小さな頃楽しく生きていた自分が親に怒られたように。

 

みんな着実に親が、世間が望むイイコになっていく。

そんなイイコだらけの世の中は、常に他人からの評価を恐れていて、窮屈だ。

 

そんな風に思った。

それに対しての自分からの解決策はない。